夢見るシャンソン人形で有名なフランスギャル

プロ野球について詳しいわけではない自分が知っているぐらいの人、星野仙一さんがこの前死んで年が70歳だと聞いて、まだ若いのにと思ったわけである。そして、同じく70歳の日本のアイドルにも多大な影響を与えただろう、フランスの歌手フランスギャルが亡くなったというのをネットニュースで見た。
彼女の有名な歌である「夢見るシャンソン人形」は一度は誰でも聞いた曲であると思うし、日本人にも良く歌われる曲である。フランスギャルは当時10代で舌足らずで可愛い風貌で人気を集めたわけであって、自分も20歳を超えてから知ったわけであるが結構可愛い女性だ。もっとも、時代としては自分よりも古い年代なのでそれほどシンパシーがあるとは言えない。
だが、しかし少しずつこうやって自分に近いような70歳代の有名人が死んでいくと90代だったりするような人が亡くなった時よりも悲しい気持ちになるわけだ。
なにしろ、自分もあと10数年というわけであるからね。

夢見るシャンソン人形で有名なフランスギャル

私は人の気持ちを察することのできるような寛大な人になりたいと思っています。

私は、人の気持ちを察することのできるような寛大な人になりたいなと常に思っています。世の中の殆どの人が自分のことのために生きていると思いますが、やっぱり上に立つ人は考え方が違うと思います。自分の利益だけでなく、人に還元できることそして、いかに周りの人が幸せになれるか、ということをまずさ伊予に考えているのかなと思います。でもそれだけでは決して過ごすことができないので、どうしても自分よがり独りよがりになってしまったり、自分の都合の良いように考えてしまうことが多いように思います。私は人は一人では生きていけないから、支えあって生きていくことが大事だと思っています。常に色々なことを考えて、どうしたら、今の状況を脱会できるのか、シビアな気持ちでやっていかなければなりません。みなさんは毎日仕事が億劫だな、と感じたことはありませんか?私は昔感じていたことがありましたが、それもひとつの教訓だと思って次に活かせることができればそれでいいかなと思いました。

私は人の気持ちを察することのできるような寛大な人になりたいと思っています。